? 介護支援専門員へのガイド
ASY! エイジー | コンサルタント若葉

介護支援専門員へのガイド

介護支援専門員への需要は、間違いなく今後ますます高まってきます。人々から待ち望まれるこの仕事のための試験、受験資格、講座や合格率、合格ラインについて解説
トップページ > 介護支援専門員へのガイド

介護支援専門員


介護支援専門員(通称ケアマネージャー)は、介護保険の基準で「要支援」「要介護」と認定を受けた人に対し、各自に最適なケアプランを提案、作成していく職業です。
個人の相談にも応じながら、関係機関との調整や給付金の管理を行うというきめの細かい対応が求められると同時に、現代社会になくてはならない職業として広く認知され、信頼されるようになりました。殆どの人がいつかはお世話になる非常に重要な職業、資格といえます。

介護  スポンサーリンク  

介護支援専門員の職場


おおよそ次のいずれかとなります。

1. 居宅介護支援事業所
  介護保険申請代行、ケアプラン作成、給付金管理など

2. 介護保険施設
    施設サービス計画を作成、介護保険請求事務など

介護支援専門員実務研修受講試験受験資格


介護支援専門員になるためには、都道府県が行う年に1回の「介護支援専門員実務研修受講試験」の合格が必要で、受験資格は次のようになっています。

(1)次の国家資格を取得している方で、実務経験が5年以上の者

 医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士含む)精神保健福祉士


(2)法令等に基づいて施設等に配置されている相談援助業務に従事しているもので、当該業務の実務経験が5年以上の者

 (1)施設等において必要とされている相談援助業務に従事する者
 (2)法律に定められた相談援助業務に従事する者
 (3)その他の相談援助業務等に従事する者で、社会福祉主事任用
   資格取得者や訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級課程
   修了者、上記(1)の資格取得者


(3)社会福祉主事任用資格取得者や訪問介護員養成研修修了後、
   上記(1)の資格取得者等で、介護等の実務経験が5年以上


(4)上記(3)に該当しない者で、介護等の実務経験が10年以上の者

試験の合格率

データが古いですが、次のような資料が得られました。
参考にしてください。

合格状況/回 受験者数 合格率
第1回 207.080人 44.1%
第2回 165.117人 41.2%
第3回 128.153人 34.2%
第4回 92.735人 35.1%
第5回 96,207人 30.7%

厚生労働省ホームページより(平成14年12月24日)


amazonで介護支援専門員の本を見る


     スポンサーリンク








ヘルプマン!5
(介護支援専門員編)




ヘルプマン!6
(介護支援専門員編)




ヘルプマン!7
(介護支援専門員編)
Copyright(c) くらしの情報ミテミルAll Rights Reserved.   メール    プライバシーポリシー