ASY! エイジー | コンサルタント若葉

電信振替をATMで

トップページ > 電信振替をATMで
郵便振替ってATMでできる?手数料は?ぱるるでなきゃ駄目?分からないことばかりです。 ネット銀行、ネットでカード決済が当たり前になってきている現代でも、まだ電信振替で支払いをしなければならないことがあります。


PR

電信振替とは


そもそも電信振替ってなんでしょう。

郵便局(ゆうちょ銀行)からの送金方法というのはいくつもあるのですが、、代表的なのが『払込(はらいこみ)』と『振替 (ふりかえ)』です。

『払込』は現金を使って相手方の口座へ送金することです。銀行で言う「振込み」ですね。ですから、厳密には郵便振込という言葉は存在しません。

『振替』は、口座から口座へ、送る側の口座の残金の範囲内で送金することをいいます。現金での支払いではありません。

いずれも、即時に手続きされる「電信払込み」「電信振替」があり、数日かかる「通常払込」「通常振替」 があるわけです。

通販で買い物をしたときなどに一緒に送られてくる、郵便局やコンビニ払いの用紙は「通常払込み」にあたります。




電信振替は窓口?ATM?


電信振替をする場合、窓口とATMをどちらがいいでしょう。

手数料で言うならば、断然ATMです。手数料は

  窓口では 140円
  ATMでは  無料

ただし、ATM無料は平成21年9月30日までの特別期間のみとなっており、その後は有料となる予定です。それでも、窓口よりは安いでしょう。
また、インターネットを利用する「ゆうちょダイレクト」では 110円です。

注意事項として、ATMとゆうちょダイレクトでは、本人確認が済んでいない口座から10万円を超える送金はできません。



ATMで電信振替をする方法


必要なものは、送金する側の口座の通帳かキャッシュカードと、送金先の口座番号です。ATMを利用する場合、送金側の口座は、総合口座に限ります。

ATMから操作しますが、通帳、キャッシュカードのいずれを利用するにも暗証番号の入力を求められます。
処理は即座に終わり、相手方の口座には瞬時に送金されます。
スポンサーリンク

ATM

     スポンサーリンク



ゆうちょダイレクト
Copyright(c) くらしの情報ミテミルAll Rights Reserved.   メール    プライバシーポリシー